小説

スポンサーリンク
エンタメ

ノアの洪水伝説 考察

ここから話すのはロマンであり所謂真実ではありません。 学校で教えられた歴史は本物なのか 紀元前より昔ってどうやって調べたんだ?と思ったことありませんか? もしかして教科書の歴史ってデタラメなんじゃないかって。 私もその一人で...
エンタメ

ミクロパーク 感想と考察 ハリウッドっぽいSF

エリック・ヒーバー ニューロダインの創業者。 ヴァネッサ・ヒーバー エリックの妻。 ケヴィン エリックの息子。子供の頃からマイクロマシンに親しんでいる。 タキ ケヴィンの友達。子供の頃からマイクロマシンに親しんでいる。...
エンタメ

造物主(ライフメイカー)の選択 感想と考察 造物主の正体

造物主(ライフメイカー)の選択 前編 あらすじ 前作ではロビーングを利用した地球側の陰謀を阻止したザンベンドルフ。 今作はタイタンの機械の森の中から規則性のあるコード群を発見したこから始まる。 それはタロイドの世界ロビーン...
エンタメ

小説 ソラリス 考察と感想 SF文学の古典

ソラリス あらすじ 地球から遠く離れた惑星ソラリス。 そこには巨大なねばねばとした海があった。 人類は調査団を派遣し調査を開始。 その海は刺激に対して様々な反応を返す、しかし一度でも同じ反応はない。 人類が下した結論、ソラリ...
エンタメ

造物主(ライフメーカー)の掟 感想と考察 ホーガン流古代宇宙飛行士説、進化説

造物主の掟 あらすじ 火星の調査という名目で送り込まれた調査団だったが、到着した先は土星の衛星「タイタン」。 彼らの真の目的はそこで発見された生命体の調査だった。 遠い昔、ある知的生命体が資源の採掘のために開発した自律して資源を...
エンタメ

SF小説 未来の2つの顔 考察と感想 機械の自我とは

未来の2つの顔 ホーガンの小説は基本的に会話で進んで行きます。ホーガンの考えを登場人物に代弁させ、反論するキャラクターやホーガンの考えを補強するキャラクターが様々な議論を展開されていきます。 あらすじ 月面での採掘工事の最中、人工知能...
エンタメ

大君の通貨 考察と感想 戦争と経済の関係

争いの本質 この大君の通貨にはある視点に基づいた解釈で明治維新の始まり、倒幕を描きます。 あらすじ 「大君の通貨」はある視点に基づく明治維新 ことの発端は金と銀の交換比率。 外交官として来日していたハリスはあることに気がつきます。...
スポンサーリンク