映画クレヨンしんちゃん クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~ 感想と考察

アニメ

新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~

キャラクター

インディ・ジュンコ

スプラトゥーン好きのトレジャーハンター
運が悪い。

仮面族

立ち入り禁止区域に住む原住民。

魅惑のエメラルド

10億円。

エミュー

オーストラリアに生息する飛べない鳥。
愛玩用、食用、観賞用に飼育されている。

カオー・コスギ

オーストラリアガイド。

あらすじ

野原家のオーストラリア新婚旅行。

「新婚旅行ってのはね、愛が試されるのよ」
ひろしとみさえが主役。

ネタバレ

考察

シンプルに笑える


「ガイドのカオー・コスギです」
なんのひねりもない直球ど真ん中過ぎて逆に意表をつかれました。

モデルは誰?シルベスター・スタローン?

夫婦愛

子供が生まれると世話に追われて、それを言い訳にして。
お互いへの敬意を忘れてしまいます。
愛には形なんてないのに、まるでそれを確かめるまでもない確かなものだと錯覚して。

ひろしとみさえの喧嘩が妙にリアルでした。
素直になればいいのにお互いにつまらない意地を張り合ちゃって。

なんか考えさせられました。
愛はどんなに必死に伝えようとしても、それが伝わるまでには時間がかかってしまいます。
時にその時間差があるせいであらぬ誤解を生んでしまうこともあります。
でも時間がかかっても必ず愛は伝わるんですよね。

ひろしが苦労して手に入れたみさえへのディナークルーズ券が時間差でみさえのもとへ届いたように。

それさえ知っていれば夫婦間の不要な争いも減っていくのかなー。
何か勝手に深い話だなーなんて思ってしまいました。

ひろしの気持ちは最後の最後に大きく実を結んだのでした。

感想

この手の話でありがちなのは夫がどうにかこうにか妻と子供を助け出すものですが、今作は逆でした。
妻と子供が夫の愛を求めて冒険します。

大人向けには深い話ではありましたが、子供目線ではどうなんですかね。
過去のヘンダーランドの不気味さとかヤキニクロードほど振り切ったバカバカしさはありませんでした。

最後の最後藻掻きながらもこの写真を手に入れた野原家には感動しました。
幸せは常に、藻掻き苦しんだ先に置いてあります。

クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険 感想と考察 オカマ魔女戦は傑作だと思う
クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険 あらすじ 群馬県に建設された巨大テーマパーク、ヘンダーランド。 幼稚園の遠足で訪れたしんのすけはトッペマ・マペットという不思議なねじ巻き人形と出会う。 その出会いをきっかけにオカマ魔女との...
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード 感想と考察 ストーリー?笑えればいいんだよ
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード キャラクター トラックの男 ひろしに一目ぼれしたホモ。 見るからにホモな上にはぐれたひろしを探し続ける一途さを持つ。 ボス (有)スウィートボーイズのボス。 催眠増幅装置 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました