ふしぎの海のナディア 第19話 ネモの親友 感想と考察

アニメ

ネモの親友

キャラクター

ネモ

ノーチラス号の船長。
ナディアの持つブルーウォーターと同種の石を持っている。

あらすじ

海底都市アトランティスを訪れたノーチラス号。

2万歳の話すクジラ、反重力装置、世界樹。
SFや超古代文明好きにはたまらない話。

ネタバレ

考察

世界樹

世界樹とは神話上に登場する空想上の大樹で、様々な神話に登場する大樹のモデルですね。
北欧神話の「ユグドラシル」が有名です。

世界樹(せかいじゅ)とは、インド・ヨーロッパ、シベリア、ネイティブアメリカンなどの宗教や神話に登場する、世界が一本の大樹で成り立っているという概念、モチーフ。世界樹は天を支え、天界と地上、さらに根や幹を通して地下世界もしくは冥界に通じているという。

結構古めの信仰ですね。
森は生命の源であったので信仰の対象になったのかもしれません。

反重力床

説明されてませんけど、多分反重力を操って移動する床に乗っています。

UFOは反重力を使っているとか聞いたことがあります。

ディノサウロイド

「ホモダイナソニクス」と紹介されていますが、現実にも「ディノサウロイド」として存在が空想されている恐竜人です。

ディノサウロイド(Dinosauroid, ダイノサウロイド、デイノサウロイドとも)とは、恐竜が絶滅せずに進化し続けた場合、人間に似た形態を採りえるという仮説およびその形態のこと。恐竜人間とも称される。

人類の歴史って一応四大文明やシュメールが最古とする文明から派生していったという仮説が主流ですけど、ディノサロウドがいたかもしれないし、もしかしたら四大文明以前も普通に文明があったかもしれませんよね。

洪水伝説は世界中に残っているし、忽然と現れたとも表現されるシュメール文明も不思議です。
勿論文字や記録をつけ始めたシュメール文明が突然現れたように見える理由も納得はできます。

世界中に巨石文化があり、エジプトのピラミッド似た建造物がマヤ文明にもあります。

キリストとかユダヤの歴史が崩れちゃうとかいった理由で気が進まないだけで、もしかしたら普通に痕跡とか残されてんじゃないのとか思ったりします。

感想

この回はやばいですね。
超古代文明好きとしては鳥肌の立つ壮大さ…
古代のホモダイナソニクスや2万歳の話すクジラに世界樹。

ナディア、想像以上に壮大なアニメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました