不思議の海のナディア 第4話 万能潜水艦ノーチラス号 感想と考察

アニメ

万能潜水艦ノーチラス号

キャラクター

ネモ

潜水艦の船長。
『海底二万海里』にも同名の潜水艦船長がいる。
子供が嫌い。人間全部がお嫌い。

エレクトラ

潜水艦の副長。
ブルーウォーターとナディアの秘密を知っている。

ナディアの持っているガラス細工。 唯一の家族への手がかり。 エイブラハム号

海の怪獣と戦闘し損傷した。

ガーゴイル

ノーチラスと戦闘している潜水艦。

ノーチラス号

万能潜水艦。
エアコン、自動ドアなど19世紀を超えた科学力により建造されている。

あらすじ

再び遭難したジャンとナディアは怪獣(潜水艦)に保護された。

考察

お姫様

エレクトラの言っていたようにナディアは失われた文明アトランティスの王族なんでしょうね。
そしてノーチラス号はアトランティス文明の力によって建造された潜水艦。

『海底二万海里』にボーイ・ミーツ・ガール要素を付け足したような内容です。

感想

まだまだ序盤なので謎を深めていく段階。
もしかしたアトランティスの王女がナディアでしたって浅いオチはやめてくれよ。
第1話くらいで分かることだから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました