少女終末旅行 第8話「記憶」「螺旋」「月光」 感想と考察

アニメ

「記憶」「螺旋」「月光」

キャラクター

チトとユーリ

退廃した世界を旅する少女達。

あらすじ

使われなくなった墓場でラジオを見つけたチトとユーリ。
そこで宗教都市で見た謎の石造を見つけた。

ネタバレ

考察

石造

この世界の前の世界は宗教と大きな関りがあるようです。

チト「世界に誰もいなくなったら誰が覚えているんだろう…その為の石造か」
石造は神の使い的なポジションなのかな。
死者の魂を鎮める為に墓場に置かれていると。

それともさらに前にあったとされる超古代文明の名残のある場所に宗教都市や墓場を作って奉っていたのか。
後者な気がする。

果たしてこの宗教や超古代文明、前時代に栄えた文明の話はあるのだろうか。

感想

廃墟の日常をだらだら流している…
これはこれで啓蒙的な部分もあって悪くはないのだけれど、少し最初期待していたのと違うというか。
途中で古代文明とか出てきたから無駄に期待が高まってしまったというか…
ここまで来たら最後まで見るけど。

コメント