ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション 感想と考察

アニメ

ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション

キャラクター

アネモネ

石井賢

アネモネの父。

石井風花アネモネ

本作の主人公。
子供の頃父が失踪。

週末生命体

26億人を殺した生命体。
通称「エウレカセブン」
スカブ。

アシッド

国連生存権防護事務局直属の対スカブ戦略歩兵師団。

スカブ

知的生命体。
外宇宙からの侵略者。

ニルバーシュ

スカブが生み出した人型の兵器。

ドミニク

アネモネのスマホにインストールされたAI。
ver2.0はアネモネの父とエウレカセブン内へ突入した。

ベア・イーガン

テレビアニメ版のグレッグ・イーガン。
SF作家の名前と全く同じ。

エウレカ

アネモネが突入した仮想現実世界にいる青緑の神の少女。

レントン

デューイの世界で生贄としてささげられた少年。

デューイ・ノバク

エウレカセブンの近くで保護された別世界の住人。
重要な情報を持っている。

あらすじ

交響詩篇エウレカセブンのアネモネを主人公とした話。
他のシリーズ作品と同様にとんでもないSF。

ネタバレ

考察

エウレカセブン

他の作品同様にパラレルワールドです。
他のSFアニメ以上に扱う内容はSFなんですよね。

エウレカセブンはスカブと同類の知的生命体です。
スカブはある空間に占める知的生命体の数が一定量を超えると発生する「クダンの限界」を抑え込むためにほとんどが休眠状態となっています。
このスカブの見る夢がパラレルワールドということでしょうか。
いやスカブ自体が世界なのかな。
そしてその同種であるエウレカは別の夢へアクセスできると。

レントンを失ったエウレカはスカブの夢、つまりパラレルワールドを渡り歩いていた。
何百という夢を彷徨うもレントンに巡り合うことができない。
エウレカは自暴自棄となり快適で何も起こらない世界を作り出した。
それが「エウレカセブン」。
そこはレントンがいた頃の面影が残るエウレカにとって一番快適だった世界。
エウレカがレントンに囚われている故に止まってしまった世界。

アネモネの助けによりその世界を抜け出すことができたと。
そして最後の場面のレントンはエウレカがたどり着けなかったレントンのいる世界。

ごめんなさい分からないので無理やり理由をつけました。

アネモネ

物理的に接触できない「エウレカセブン」と接触する為には人間の「意識」が必要になるようです。
意識を電気的に「エウレカセブン」へ送り込んで破壊する。
アネモネはその為に存在しています。

ゴジラみたいなの

ゴジラとかパプリカの影響を感じてしまいます。

 

感想

アネモネが主人公になるくらいだからアネモネは人気あるだろうな。
かく言う私もアネモネ好きです。
正確にはアネモネが、というよりアネモネとドミニク、そのストーリーが好きです。
全体的な内容はテレビ版の交響詩篇エウレカセブンが「家族」を扱っていたように「父と子」の絆です。
やくしまるえつこが好きな私は挿入歌も気に入りました。

最後はどこかでみたことあるなあというか。
パプリカ?

パプリカ 感想と考察 夢ってなんだ
パプリカ キャラクター パプリカ/千葉敦子 夢の中での人格パプリカを操るDCミニの研究者。 乾精次郎 科学を憎む誇大妄想者。 時田浩作 DCミニを開発した天才。 粉川利美 パプリカの夢治療を受ける男性刑事。 映画監督とい...

コメント

タイトルとURLをコピーしました