エウレカセブンAO 第5話タイトゥン・アップ 感想と考察

アニメ

タイトゥン・アップ

キャラクター

クリストフ・ブラン

ゲネラシオンブルの社長。

あらすじ

ガゼルはゲネラシオンブルのIFOがスカブから「何か」を抜き出した映像を元にブランを脅す。

ネタバレ

考察

クォーツ

スカブからゲネラシオンブルのIFOが抜き出したものの名称が分かりませんが、多分クォーツですね。
ひらがなはあっているか分かりません。

ガゼルタイトゥン・アップスカブバーストもこのクリスタルと関係がありそう。
だとするとGモンスターとエウレカの出現もゲネラシオンブルのクリスタルの採掘が原因なのかな。

マークゼロ「ニルバーシュ」は旧作「交響詩篇エウレカセブン」だとタイプゼロでした。
でエウレカはニルバーシュの元となるアーキタイプと同じくスカブから誕生したコーラリアン。
ニルバーシュはエウレカが搭乗する為に用意されたアーキタイプで他の人間には操縦不能。

マークゼロとタイプゼロは同じ意味で使われているっぽくてAOの母親のエウレカも空からふってきた。
地面から生えてきたエウレカとほぼ同じような感じ。

だとするとAOも人間ではないのか。

感想

専用のスーツに着替えるあたりもエヴァンゲリオンに近くなってきた。
旧作とどんな風に繋がっているのかってのがこのAOの核心になりそうです、旧作どうようにハードSFを貫いてほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました