交響詩篇エウレカセブン 第49話 シャウト・トゥ・ザ・トップ! 感想と考察

アニメ

シャウト・トゥ・ザ・トップ!

キャラクター

スカブコーラル

創りだした仮想現実空間に人間の意識を走らせたり物理法則を操り流星を地球に落下させることができる。

デビルフィッシュ

ホランドの最終兵器。
魂を削らなければ操縦できない。

あらすじ

デューイによるスカブ攻撃により意識をスカブへ取り込まれていた絶望病患者が覚醒。
デューイは指令クラスターの破壊作戦を開始。
クテ級は1246秒しか出現できない。

月光ステイトとユルゲンスが最後の死闘に挑む。

ネタバレ

考察

エウレカセブンの世界

デューイは「紛い物」という言葉に拘っています。
幼少期にデューイとホランドの父親がホランドばかりを可愛がっていたのがコンプレックスになっている。
デューイとホランドは人類と後からやって来たスカブに似ているのかもしれません。
先に生まれたはずの人類(デューイ)が後から生まれたスカブ(ホランド)に地球(父親からの愛情)を独り占めされた。
つまりまるで自分を見ているような気分になり故にスカブを嫌悪した。

エウレカセブンのメモ
エウレカセブンの世界 設定が分かりにくいので見ながらメモ。 SF作品の影響 スカブの仮想現実空間や岩の知性といいSF作品の影響を色濃く感じます。 実際にSF作家「グレッグ・イーガン」は作中の登場人物の名前として使われています。スカブ...

感想

ユルゲンスかっこいいしホランドもかっこいい。
最後はデューイとの一騎打ち。
レントンはなか綺麗だし。
第二期は圧倒的。
シュタインズゲートよりハードSFだし。
もっと支持されていいいアニメ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました