交響詩篇エウレカセブン 第48話 バレエ・メカニック 感想と考察

アニメ

バレエ・メカニック

キャラクター

アネモネ

絶望病で大量の薬を投与し続けないと意識を保つことができない。

ドミニク

アネモネを救うため軍を裏切った。

あらすじ

デューイは「オレンジ」によるスカブ攻撃、コーラリアンとの殲滅戦へ挑む。
「約束の地」への入口をこじ開けアネモネを送り込む。
アネモネのわがままもドミニクの苦悩もこの回の為に用意されたもの。

薬物なしでは自らの意識すら保てないアネモネ。
ドミニクが命がけでアネモネを救う。

エウレカとレントンとはまた別の恋の話。

そりゃあね、そりゃあ。
素敵な恋だってね…そうゆうのできれば最高なんだけど。
ホント最高。
そうホント最高
だけどなんだかね、ホント『あーあ』て感じ。
ホント『あーあ』

ネタバレ

考察

エウレカセブンの世界

エウレカセブンのメモ
エウレカセブンの世界 設定が分かりにくいので見ながらメモ。 SF作品の影響 スカブの仮想現実空間や岩の知性といいSF作品の影響を色濃く感じます。 実際にSF作家「グレッグ・イーガン」は作中の登場人物の名前として使われています。スカブ...

アネモネ

「気になる人?いた。
うん過去形。今更、伝えておけばよかったなんて思ってる自分に…ちょっと自己嫌悪。
もうどうしようもないのにね。
もし、また今度生まれて来ることができたなら。
今度はもっと器用な人間に生まれてきたいなあ。

もうどうしようもないのにね。
なんだか自己嫌悪。

もしこの戦いが終わっても生きていいて言われた。
小さな鏡を一つ買って微笑む練習をしてみよう。
何度も何度も練習しよう。
もう一度会うために。

もしもう一度生きていいて言われたら。
風にそよぐ髪を束ね大きな一歩踏みしめて胸を張って愛に行 こう。

生きていたい。『ありがとう』を言うために。
生きていたい。たくさんの気持ちを送るために。
生きていたい!気づかなきゃよかった。こんな気持ち。
だって苦しいのあの人がどこにもいないの!
だってそんなの!そんなの!

ドミニクッ!!!!!

めっちゃ感動した。ただ!それだけ。


ジエンドのコックピットに手足をからめとられるアネモネ。
絶望病でどう足掻いても自らの意思ではどうすることもできないアネモネの比喩だったのかなあ。

感想

アネモネはエウレカを超えるツンデレですね。
ハッピーエンドっぽいですけど、残念ながらアネモネは絶望病…
薬がないと意識を失ってしまう。
この二人の結末もとても気になりました。
これだけで映画作ってほしいと思ったらあった。

映画『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』 やくしまるえつこ+砂原良徳 『Ballet Mécanique』(short ver.) Animation PV

コメント

タイトルとURLをコピーしました