交響詩篇エウレカセブン 第44話 イッツ・オール・イン・ザ・マインド 感想と考察

アニメ

イッツ・オール・イン・ザ・マインド

キャラクター

ドミニク

デューイの手下。
アネモネに恋をする。

あらすじ

アネモネの命を救うため行動に移すドミニク。その過程、ワルサワ通称「ジョイディビジョン」でアネモネの正体を知る。
そしてドミニクはアネモネを守るためにある決意をする。

ホランドはエウレカとレントンの為、命を削ってリミッターを外されたKLFに乗り込む。

ネタバレ

考察

エウレカセブンの世界

エウレカセブンのメモ
エウレカセブンの世界 設定が分かりにくいので見ながらメモ。 SF作品の影響 スカブの仮想現実空間や岩の知性といいSF作品の影響を色濃く感じます。 実際にSF作家「グレッグ・イーガン」は作中の登場人物の名前として使われています。スカブ...

アネモネ

アネモネは絶望病患者。
絶望病患者は魂魄ドライブを見つめるだけで呼吸などの生命活動が極めて微弱。
しかし薬物の投与によりアネモネは意識を無理やり覚醒されており、薬物の投与をやめると意識を失う。

タイプゼロと同様に特殊なアーキタイプを元に作られたLFOである「ジエンド」は本来は人型コーラリアンのサクヤやエウレカしか乗ることができない。しかしどうしてだか絶望病患者を薬物で覚醒させると操縦することができる。
軍は絶望病患者を集め骨格を無理やり形成し薬物によりこれまた無理やり覚醒させることで「ジエンド」を操縦ささせていた。

サクヤとノルヴには「タイプゼロ」のようなLFOを持っていませんでした。
つまり本来ジエンドはサクヤとノルヴのためのアーキタイプだったのかもしれません。推測だけど…

ホランド

従来のKLFは薬物により興奮した状態で神経接続を行い高い運動性能を実現していた。
しかしそれはパイロットの命を危険に晒すため廃止になった。

感想

エウレカの変身。
絶望病患者がアネモネなのか。
つまり負け続けてしまえばドミニクと一緒にいられなくなる。
だからこそアネモネは大量の薬を投与し戦い続けなければならない。
ドミニクのために戦うアネモネの運命はどうなるんだ。
薬なしではいられないアネモネと薬をやめさせたいドミニク。
この感じ、結末は読めた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました