交響詩篇エウレカセブン 第38話 デイト・オブ・バース 感想と考察

アニメ

デイト・オブ・バース

キャラクター

アドロック・サーストン

軍の実験中に起きたサマー・オブ・ラブにより失踪。
その後は軍のプロパガンダに利用され英雄として祀り上げられていた。

あらすじ

何気ない会話の中でレントンはエウレカがアドロックをよく知っていることを知る。
レントンはまたも無神経なことをエウレカに行ってしまい、エウレカがすねてしまった。

月光ステイトはデューイの計画を阻止するためヴォダラ宮への最短コースをとる。

ネタ回。

ネタバレ

考察

エウレカセブンの世界

エウレカの話によるとアドロックはエウレカとニルバーシュに搭乗しアミタドライブのテストか何かを行っていた。
そしてサマー・オブ・ラブが引き起こされた。
これが意図的なのか予期せぬ事態だったのかは不明ですが。アドロックは危険を察知しエウレカを守るためにアミタドライブをニルバーシュから抜き取ったのでした。
エウレカが目覚めるとアドロックは跡形もなく消失していました。
話の流れ的にスカブと「合一」したのかな。

エウレカセブンのメモ
エウレカセブンの世界 設定が分かりにくいので見ながらメモ。 SF作品の影響 スカブの仮想現実空間や岩の知性といいSF作品の影響を色濃く感じます。 実際にSF作家「グレッグ・イーガン」は作中の登場人物の名前として使われています。スカブ...

感想

今回はレントンとアドロック、ホランド&タルホの子供。
家族の話でした。家族を知らないエウレカと家族の面影を探すレントン、家族になったホランドとタルホ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました