交響詩篇エウレカセブン 第36話 ファンタジア 感想と考察

アニメ

ファンタジア

キャラクター

ダイアン

ホランドの元恋人で失踪したレントンの姉。

あらすじ

このアニメのずっと謎であったダイアンについて。
ホランドとダイアンの関係を描き、アドロックとダイアンの失踪に迫る回。

ネタバレ

考察

エウレカセブンの世界

「オレンジ」デューイ自慢、オレンジ色の飛行戦艦のことでしたね。
対コーラリアンの最終兵器。

ダイアンはアドロックの行方を追いかける過程で真実に近づきアドロックのように失踪。
ダイアンとアドロックは多分同じ場所にいるんだと思います。
きっと絶望病患者も同じ場所。

「魂魄」「クテ級のゾーン」「トラパー」。
何となく分かってきた。

エウレカセブンのメモ
エウレカセブンの世界 設定が分かりにくいので見ながらメモ。 SF作品の影響 スカブの仮想現実空間や岩の知性といいSF作品の影響を色濃く感じます。 実際にSF作家「グレッグ・イーガン」は作中の登場人物の名前として使われています。スカブ...

ダイアン

ホランドはダイアンを幼い頃からの知っていて、その関係でアドロックとホランドが親しかったと。
ダイアンは大人にあり失踪したアドロックを探していた。

軍人であり機密であるアゲハ構想を推進していたSOFに所属していたホランドとダイアンは昔の縁もあって親しくなった。

感想

レントンは鈍感ですね。
悪気なく人を傷つけるタイプ。完全に私と同じで胸が痛い。
私もいつも妻の顰蹙をかってしまって…良くなっていますが、完璧はできない。

誰かを喜ばせようという気持ちは大切ですが、自分が期待する反応を求めるのはいけませんね。
そのもらったものに対してきちんと応えてあげるのも礼儀ではありますけどね。

そしてアネモネは悲しい終わり方しか想像できない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました