交響詩篇エウレカセブン 第35話 アストラル・アパッチ 感想と考察

アニメ

アストラル・アパッチ

キャラクター

キャピタルヒル

首都。

ノルヴ

ヴォダラクの怪力坊主。
魂魄ドライブを胸に埋め込み魂魄ドライブを操る術を使う。

ヴォダラク

スカブを信仰する宗教。

あらすじ

ヴォダラクの高僧ノルヴを奪還するため月光ステイトは首都へ突入。
決死の攻撃を開始する。

強請るな勝ち取れ
さすれば与えられん

ネタバレ

考察

エウレカセブンの世界

アクション回なので考察することはほとんどなし。
気になるのはデューイとホランドの家系。
そして「オレンジ」というデューイの切り札の正体。

「大衆には真実などどうでもよいのだ…(省略)彼らは真実よりもまがい物を選択する。」

こう言い放ったデューイの真意も気になります。

エウレカセブンのメモ
エウレカセブンの世界 設定が分かりにくいので見ながらメモ。 SF作品の影響 スカブの仮想現実空間や岩の知性といいSF作品の影響を色濃く感じます。 実際にSF作家「グレッグ・イーガン」は作中の登場人物の名前として使われています。スカブ...

感想

デューイの言う「オレンジ」とは何だ。
またも謎が増えました。いやあでも面白い。
デューイのセリフはなんか文学的で趣があるし、ホランドのセリフは熱い。
静と動のメリハリもあるし。
次が気になります。

そしてデューイとホランドは兄弟でした。
ホランドって高貴な家柄の出身だったんですねぇ。
タルホってデューイの元カノだったのか。
なんか嫌だなあ。ホランドにも同情しますわ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました