交響詩篇エウレカセブン 第34話 インナー・フライト 感想と考察

アニメ

インナー・フライト

キャラクター

ノルヴ

伝説の怪力坊主。

サクヤ

エウレカ同じ人型コーラリアン。

グレートウォール

巨大な台風。

あらすじ

コーラリアンと軍の戦争を阻止するため首都へ入りしたヴォダラクの高僧ノルヴ。
月光ステイトはコーラリアンと人類の共存の最後の糸口であるノルヴを救出するため首都へ向かう。

ネタバレ

考察

エウレカセブンの世界

エウレカやサクヤのような人型コーラリアンはコーラリアンによって人を学ぶために作られた。
人間を学習することにより自我を得ることができる。

つまり人間そのものがエウレカに映し出されえるということですね。
何も知らない赤ん坊が人間社会で育ち人間になるように。
人間というものを本当に知りたいのなら、確かに合理的な方法かもしれません。

エウレカセブンのメモ
エウレカセブンの世界 設定が分かりにくいので見ながらメモ。 SF作品の影響 スカブの仮想現実空間や岩の知性といいSF作品の影響を色濃く感じます。 実際にSF作家「グレッグ・イーガン」は作中の登場人物の名前として使われています。スカブ...

ノルヴ

魂魄ドライブを操る怪僧。
エウレカとレントンと同じようにサクヤと恋に落ちた。
胸に魂魄ドライブが埋め込まれている。
デューイ曰く「対になり損ねた者の姿」

感想

人型コーラリアンの目的は人を学習すること。
そのために人の社会で育てられ人として育ったコーラリアンが必要だった。
なるほどなあ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました