交響詩篇エウレカセブン 第33話 パシフィック・ステイト 感想と考察

アニメ

パシフィック・ステイト

キャラクター

あらすじ

月光号ステイトは軍のコーラリアン攻撃による民間への被害を防ぐために奔走するが軍の手が早く間に合わない。
被害の拡大に焦るを募らせるホランド

ネタバレ

考察

エウレカセブンの世界

レントンとエウレカが住む惑星は人類が一万年前に母なる母星を捨てて他の惑星から移り住んだ惑星です。

エウレカセブンのメモ
エウレカセブンの世界 設定が分かりにくいので見ながらメモ。 SF作品の影響 スカブの仮想現実空間や岩の知性といいSF作品の影響を色濃く感じます。 実際にSF作家「グレッグ・イーガン」は作中の登場人物の名前として使われています。スカブ...

ホランド

ホランドはコーラリアンとの接触を図ろうとしていたものの軍の攻撃により抗体コーラリアンが出現、人型コーラリアンであるエウレカはコーラリアンと接触するための切り札だったものの抗体コーラリアンによりそれを妨げられている。
これまで何度か登場したノルヴというヴォダラクの高僧が最後のカギとなっている。

感想

エウレカデレデレしてんなあ。
そして激熱の展開。

ついに月光ステイトは彼らの目的であるコーラリアンとの共存を目指し敵対する軍との戦争状態へ突入の一歩となる作戦を開始。
ここからの展開は激熱ですね。
軍とコーラリアン、そこに月光ステイトが割って入る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました