交響詩篇エウレカセブン 第32話 スタート・イット・アップ 感想と考察

アニメ

スタート・イット・アップ

キャラクター

抗体コーラリアン

デューイの攻撃により発生したコーラリアン。
攻撃能力を持つ。

デューイ

コーラリアン殲滅のため多少の人命の犠牲は厭わない。

ドミニク

デューイの部下でありアネモネに恋心を寄せている。

あらすじ

デューイのコーラリアン攻撃を発端に人類とコーラリアンは戦闘状態へ突入。抗体コーラリアンによる人間の反撃が開始された。

ネタバレ

考察

エウレカセブンスの世界

コーラリアンが軍に傷つけられていた時エウレカも同じような痛みを感じていました。確かトラパーは人間の意思を読み取るとかいう俗説もあるとか。
つまりコーラリアントラパーを使ったネットワークで感覚を共有している?

1246秒。
タイプゼロのセブンスウェルととクテ級コーラリアンの持続時間が同じ。

エウレカセブンのメモ
エウレカセブンの世界 設定が分かりにくいので見ながらメモ。 SF作品の影響 スカブの仮想現実空間や岩の知性といいSF作品の影響を色濃く感じます。 実際にSF作家「グレッグ・イーガン」は作中の登場人物の名前として使われています。スカブ...

感想

展開が激しくてゾクゾクします。
ニルバーシュが月光号から射出されジエンドを迎え打つ場面は胸が熱くなりました。

アクション以外でもアクセルと月光ステイト、コーラリアンとエウレカ。
物語が一気に繋がりました。
気になるのはアネモネとドミニク。彼らはどうなるのか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました