交響詩篇エウレカセブン 第28話 メメントモリ 感想と考察

アニメ

メメントモリ

キャラクター

レイ

エウレカを憎み夫チャールズを殺したホランドへの復習に燃えている。

あらすじ

月光ステイトを襲撃したビームス夫妻の第一次攻撃は失敗。
生き残ったレイは二度目の攻撃を結構することになる。

ネタバレ

考察

エウレカセブンの世界

エウレカセブンのメモ
エウレカセブンの世界 設定が分かりにくいので見ながらメモ。 SF作品の影響 スカブの仮想現実空間や岩の知性といいSF作品の影響を色濃く感じます。 実際にSF作家「グレッグ・イーガン」は作中の登場人物の名前として使われています。スカブ...

レイの失ったもの

子供という希望。
チャールズという支え。

すがるものも支えてくれるものも失ったレイはもう倒れるだけ。
後は過去に望みを託すしかなかった。
楽しかったチャールズとの子供を産めるという過去の思い出へ向かった。
ただそれだけ、それしかできなかた。

悲しい話でした。

感想

壊れた人間ってマジでこええ。
レイもチャールズも好きだっただけに悲しい結末。
想像は出来たんですけどね。
レイもチャールズも初めから壊れていたわけじゃなくて一生懸命生きた結果、たまたまこうなってしまった。
人間の人生って紙一重で大きく変わってしまうものですからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました