交響詩篇エウレカセブン 第21話 ランナウェイ 感想と考察

アニメ

ランナウェイ

キャラクター

ヴォダラク

スカブを信仰する宗教。

チャールズとレイ

用心棒稼業を生業とする二人組。
元軍人。ホランドとの因縁がある。

デューイ・ノヴァク

アゲハ構想を推し進める軍大佐。

あらすじ

スカブに取り込まれて寝込んだままのエウレカ。
レントンは初めて人を殺していたという事実を認識したレントンは戸惑い葛藤する。
葛藤の末レントンは月光ステイトを去る。

考察

エウレカセブンの世界

ダイハチカンカイ=世界の終わり?
ダイハチカンカイまでたどり着いたのは云々。
地下深くに何かあるってことでしょうね。
トラパーの源泉だったりLFOが埋まっていたりするので。

エウレカセブンのメモ
エウレカセブンの世界 設定が分かりにくいので見ながらメモ。 SF作品の影響 スカブの仮想現実空間や岩の知性といいSF作品の影響を色濃く感じます。 実際にSF作家「グレッグ・イーガン」は作中の登場人物の名前として使われています。スカブ...

感想

ヴォダラクの聖水ってなに。
色合い的にはおしっこでしたけど。輝いていたから違うか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました