交響詩篇エウレカセブン 第20話 サブスタンス アビューズ 感想と考察

アニメ

サブスタンス アビューズ

キャラクター

ヴォダラク

スカブを信仰する宗教。

あらすじ

スカブに取り込まれレントンに救出されたエウレカは目を覚まさない。エウレカを巡って月光ステイトに不穏な空気が漂う。
そんな中高額な報酬を見込んだ月光ステイトはヴォダラクの高僧救出へ向かう。

ネタバレ

考察

エウレカセブンの世界

今回のキーワードはタルホがエウレカへ言い放った一言。
「相手が世界じゃねぇ」
どうゆう意味であろうか。

ニルバーシュを操縦できるのがレントンを除くとエウレカだけでしかもそのニルバーシュはタイプゼロと呼ばれる特殊な個体。
さらにスカブと融合したり普通の人間でないことは理解できますが、一体何者なのかは今のところ不明。
分かっているのはスカブとかコーラリアンと関連していることだけですね。
まあ全編50話というボリューム。結構冗長というか。
一話一話がつまらないわけではないので問題ないのかもしれませんけど話の全体像が全然見えてこない。

エウレカセブンのメモ
エウレカセブンの世界 設定が分かりにくいので見ながらメモ。 SF作品の影響 スカブの仮想現実空間や岩の知性といいSF作品の影響を色濃く感じます。 実際にSF作家「グレッグ・イーガン」は作中の登場人物の名前として使われています。スカブ...

感想

エウレカの子供達やタルホに信頼されるホランドかっこいいなあと思っちゃいました。
不器用ですが信念があって。
それを守るためならどんな危険も厭わない。

それでも暴力はNGです。
暴力を振るうような男じゃなければかっこいいんですけどね。
暴力はNGです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました