交響詩篇エウレカセブン 第19話 アクペリエンス・2 感想と考察

アニメ

アクペリエンス・2

キャラクター

スカブ

トラパーを生成する生物。

あらすじ

原因不明の体調不良に悩まされるエウレカとホランドに殴られていじけるレントン。
現状を打開するためニルバーシュに乗り込んだエウレカはLFOが群生しトラパーの濃度が濃い行動の奥深くへ向かう。

ネタバレ

考察

エウレカセブンの世界

100台の戦車と推定数百発のミサイルを撃ち込む予算を投入できるほど僅か十数人の月光ステイトは軍に危険視されています。
月光ステイトが軍に追われるのは軍が機密としている「コーラリアン」に関する情報を開示しているからです。

スカブに取り込まれたエウレカは書棚が大量に並べられている空間の夢を見ていました。コーラリアンの内部でレントンが見ていた夢に近いものでした。

エウレカセブンのメモ
エウレカセブンの世界 設定が分かりにくいので見ながらメモ。 SF作品の影響 スカブの仮想現実空間や岩の知性といいSF作品の影響を色濃く感じます。 実際にSF作家「グレッグ・イーガン」は作中の登場人物の名前として使われています。スカブ...

エウレカ

私変わっちゃったんだ、こんなになるなら変わらない方がよかった。

変わっちゃったとは恋を知ったってことなんだと思います。
体調不良でニルバーシュに搭乗できないエウレカは月光ステイト内での役割を果たせないことに思い悩んでいて、助けを求めたレントンに「一人にして」、こう言われてブちぎれてしまった。

感想

「体調悪いなあ」とか言ってのに岩と融合していたら怖すぎる。

なんだか上手く言っていなかったレントンとエウレカでしたが、エウレカの行動により動き出しました。
大筋のストーリーとエウレカの恋愛が同時進行。

コメント

タイトルとURLをコピーしました