交響詩篇エウレカセブン 第18話 イルコミュニケーション 感想と考察

アニメ

イルコミュニケーション

キャラクター

ブリタニ

月光ステイトが避難している坑道で長い間トラパーを発掘している男。

スカブ

地球に寄生した岩のような生き物。

あらすじ

トラパー発掘に執念を燃やす頑固オヤジブリタニと体調の悪くイラついてレントンの部屋の壁を蹴るエウレカ。

ネタバレ

考察

エウレカセブンの世界

地中に群生するLFO。
この坑道は既に廃棄された軍のトラパー採掘場で過去は大量のトラパーの源泉でした。
トラパーはスカブの生成物なのでLFOとスカブも繋がっていきそう。

エウレカセブンのメモ
エウレカセブンの世界 設定が分かりにくいので見ながらメモ。 SF作品の影響 スカブの仮想現実空間や岩の知性といいSF作品の影響を色濃く感じます。 実際にSF作家「グレッグ・イーガン」は作中の登場人物の名前として使われています。スカブ...

エウレカ

ドアを蹴ったり感情をあらわにします。
生理中なのかな。
夫婦でもお互いに余裕がなくて自分のことしか考えられない時ってありますが、そんな時が一番関係ギクシャクします。

ホランドのパワハラ

「気に入らねえんだよ、こいつのガキくさい態度がよお」
レントンは完全にホランドのパワハラ

レントン子供ですからね。しかも殴り倒すという。

感想

レントンとエウレカやホランドとタルホの関係性はなんか現実味があって悪くありませんが、ただ遅々として進みませんストーリーが。
断片的にヒントだけ与えられていますので何となく全体像は分かりますが、細部は何も分かりません。

コーラリアンを滅ぼそうとアゲハ構想を推し進めるデューイ・ノヴァクの話が見たい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました