交響詩篇エウレカセブン 第11話 イントゥー・ザ・ネイチャー 感想と考察

アニメ

イントゥー・ザ・ネイチャー

キャラクター

アネモネ

ジエンドのパイロット。
薬により心を失う。

ジエンド

アネモネの操縦するKLF。

ドミニク

アネモネの世話係。

コーラリアン

雲状の何か。

あらすじ

ニルバーシュの操縦が上手くいかず意気消沈するエウレカ。
コーラリアンへの突入とアネモネのとの遭遇。

考察

エウレカセブンの世界

スカブの生成物であるトラパーは地殻変動の他に大量に発生した場合は積乱雲を発生させるなど惑星の気候に大きな影響を与えます。

エウレカセブンのメモ
エウレカセブンの世界 設定が分かりにくいので見ながらメモ。 SF作品の影響 スカブの仮想現実空間や岩の知性といいSF作品の影響を色濃く感じます。 実際にSF作家「グレッグ・イーガン」は作中の登場人物の名前として使われています。スカブ...

クテ

「クテ」と命名されたコーラリアン。
トラパーを大量に生成し積乱雲を形成しました。

コーラリアンの内部には紫色に輝くゾーンと呼ばれる空間が存在していました。


どこかでグレートウォールと呼ばれていた以下の雲に似ています。

感想

コーラリアンは生命体ではないのか。
アネモネらりってますね。
薬打たれてハイになったりなんだか悲しい境遇のキャラクターな気がする。
雰囲気はエウレカは綾波、アネモネはアスカ、レントンがシンジ。
ニルバーシュもエヴァンゲリオンっぽい。
スカブとコーラリアンが使途。

コメント

タイトルとURLをコピーしました