交響詩篇エウレカセブン 第9話 ペーパームーン・シャイン 感想と考察

アニメ

ペーパームーン・シャイン

キャラクター

シウダ・デス・デル・シエロ

ヴォダラクの聖地。

ヴォダラク

エウレカセブンの世界の宗教。
公には反政府組織。

パイルバンカー

スカブに打ち込み地殻変動を封じる杭。

SOF

エウレカとホランドが所属していた軍隊。
月光ステイトの前身。

あらすじ

シウダ・デス・デル・シエロを訪れた月光ステイト。
レントンはヴォダラクの聖地でエウレカとホランドの過去を知る。

物語の本質に迫る回。

ネタバレ

考察

エウレカセブンの世界

揺れるスカブに杭を打ち付け制圧したつもりになっている。

なるほど。スカブはトラパーの恩恵だけではなく地殻変動もの引き起こしているのか。

軍はヴォダラクが信仰しているものや知っている情報を恐れて攻撃を開始し定期的に爆撃しています。
そしてエウレカは過去のヴォダラクの攻撃に参加していたようです。

エウレカセブンのメモ
エウレカセブンの世界 設定が分かりにくいので見ながらメモ。 SF作品の影響 スカブの仮想現実空間や岩の知性といいSF作品の影響を色濃く感じます。 実際にSF作家「グレッグ・イーガン」は作中の登場人物の名前として使われています。スカブ...

ヴォダラク

ヴォダラクが信仰しているのはスカブやコーラリアンなのかな。
スカブにパイルバンカーを打ち込みスカブの活動を封じている軍はヴォダラクが知っている情報がヴォダラクの外に漏れることを恐れており、それを防ぐために攻撃していると。

分からない知らないものは怖いもの。

感想

ヴォダラクのおばさんの話とかストーリーの本質に触れるような回で宗教と軍隊、レントンとヴォダラクのおばさんの会話、レントンとエウレカの会話など深い話がありました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました