交響詩篇エウレカセブン 第6話 チャイルドフッド 感想と考察

アニメ

チャイルドフッド

キャラクター

モーリス

5歳。一番大きい。

メーテル

女の子。

リンク

一番小さい。

あらすじ

レントンとエウレカの子供3人とエウレカが信頼関係を築く話。

ネタバレ

考察

エウレカセブンの世界

エウレカセブンのメモ
エウレカセブンの世界 設定が分かりにくいので見ながらメモ。 SF作品の影響 スカブの仮想現実空間や岩の知性といいSF作品の影響を色濃く感じます。 実際にSF作家「グレッグ・イーガン」は作中の登場人物の名前として使われています。スカブ...

魂魄インターフェアレンサー

トラパーの波動を感知し索敵、また自らのトラパーに干渉波しその波を相殺しレーダーに探知できなくする。

発電したり空飛んだりトラパー便利過ぎんだよな。

スーパーカーの挿入歌

昔から好きでしたがやっぱりスーパーカーはいいですね。
クリームソーダとかハッピーとか学生の頃ずっと聞いていたのを思い出しました。

感想

エウレカの子供3人にレントンがいじめられる回。
この子供達がですね、エウレカが教育できないからだと思いますが度を越えたいたずらをします。
しかしレントンは不器用ながら勇敢な対応で子供たちに尊敬され心をつかみました。

本来はエウレカがしっかり叱ることができればこんなことにはならなかったとは思いますが、エウレカも子供ですからね。
レントンと一緒に罰を受けたことからも決して育児放棄ではないんですよ。
結論子供に子供を育てさせている月光ステイトの大人が悪い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました