交響詩篇エイレカセブン 第2話 ブルースカイ・フィッシュ 感想と考察

アニメ

ブルースカイ・フィッシュ

キャラクター

アドロック・サーストン

レントンの父。世界を救った英雄。

エウレカ

魂魄ドライブに浮かび上がる文字と同じ名前でありタイプゼロ「ニルバーシュ」のパイロット。
ニルバーシュを魂魄ドライブなしで操縦できる。

セブンスウェル

周囲にトラパーが発生しニルバーシュの能力が飛躍的に上昇する。

サマー・オブ・ラブ

トラパーの大量発生による魂魄ドライブの暴走及びその物理的被害による世界の混乱。
レントンのアドロック・サーストンによって最悪の事態は免れた。

あらすじ

レントンがニルバーシュにアミタドライブを差し込んだことによりセブンスウェル現象が引き起こされる。

ネタバレ

考察

エウレカセブンの世界

アミタドライブを差し込んだニルバーシュがセブンスウェル現象を引き起こしました。
トラパーは星に共生するスカブという生物が生み出す粒子で、それをニルバーシュが生み出したとなると、この両者は互いに関係がありそう。

エウレカセブンのメモ
エウレカセブンの世界 設定が分かりにくいので見ながらメモ。 SF作品の影響 スカブの仮想現実空間や岩の知性といいSF作品の影響を色濃く感じます。 実際にSF作家「グレッグ・イーガン」は作中の登場人物の名前として使われています。スカブ...

アミタドライブはレントンの父アドロックの形見としてレントンが保有していました。
サマー・オブ・ラブはトラパーの大量発生による混乱のことです。
今回のセブンスウェルと同じような現象が起こっています。
その原因となったアミタドライブとニルバーシュです。
サマー・オブ・ラブはセブンスウェルの強化版の現象なのではないでしょうか。

感想

始まったばかりなので全体像は全くつかめていませんがエウレカが魂魄ドライブなしでニルバーシュを操縦できること魂魄ドライブに浮かび上がる「EUREKA」の文字、アミタドライブ、サマー・オブ・ラブとセブンスウェルとトラパーの関連性には一貫したつながりがありそうですね。
かなり入り組んだ設定になっており理解が難しそう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました