ウエストワールド2 第2話 再会 感想と考察

TVドラマ

再会

キャラクター

ドロレス

ウエストワールド最古のホスト。
鬼畜ホスト。

アーノルド

ウエストワールドの創業者。
ドロレスを偏愛していた。

テディ

ようやく真実に気が付いたホスト。

ジェームズ・デロス

投資化。

ウィリアム

ジェームズ・デロスにウエストワールドの投資を勧めた。

デロス

シーズン1でウィリアムを苦しめた男。
父親がジェームズ。
薬中。

あらすじ

チームドロレスの反乱。
人間vsAI。

ネタバレ

考察

ウエストワールドの創業前

ウエストワールド創業までの過去が少しづつ進んで一気ます。
シーズン1でデロスとウィリアムが仲違いした後だと思われます。

現在分かっているのはアーノルドがドロレスに入れ込んでいたこと。
ウィリアムがジェームズ・デロスをそそのかしてウエストワールドに投資させたこと。
ドロレスはウエストワールドの外へ出たことがあること。

老ウィリアム

シーズン1のウィリアムの目的はは迷路を探すことでしたが今回はウエストワールドからの脱出。

若ウィリアム

ドロレスとウエストワールドに執着しています。

ドロレス

デロス社から送られてくる800人に対抗するためホスト軍団の結成を急ぐ。

感想

引き続き鬼畜ドロレス。
ありきたりな人間vsAIになってきた。
人間vsAIどころか人間vs人間の戦争映画を見ているような感覚。

コメント

タイトルとURLをコピーしました