ハロウィン 2018 感想と考察

ホラー

ハロウィン 2018

キャラクター

マイケル・マイヤーズ

怪力大男。殺戮を好む。

ローリー・ストロード

40年前の惨劇を起こしたマイケル・マイヤーズの殺害を生きがいとしている。

カレン

ローリーの娘。

アリソン

カレンの娘。ローリーの孫。

ンビル・サルトン

頭のおかしい精神科医。

あらすじ

ジェイソンにも影響を与えたマイヤーズが復活し殺戮を再開する。

ネタバレ

考察

希薄な危機意識と杜撰な危機管理

殺人鬼がうろつく街で市民の外出が許されています。
殺人鬼がこちらへ向かっていることを知りながら一人で外の様子を見に行くカレンの夫。
案の定殺害されます。

ローリーの家には彼女のほうが危険人物に見えるほど強力な銃器が揃えられています。

クライマックス

「怖いよ~まま助けて~私には無理~」からの「got you」。

「ハッピーハロウィン」。

この家族の情緒おかしくなっています。
殺人鬼に狙われたら仕方ないのかもしれませんが、これには笑いました。

感想

ハロウィンはシリーズみたいですね。
何のひねりもなく殺人鬼が殺戮を繰り返すだけ。

これがアメリカのホラーになったと知ると納得で本当にテンプレです。
アメリカのホラーはレザーフェイスやジェイソンなど不死身の怪力大男。
物理的に強さに恐怖するんですかね。
気持ち悪さはありますが恐怖は特に感じませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました