ミスト 感想と考察 ミスト=目の曇り

エンタメ

ミスト

キャラクター

デヴィッド・ドレイトン

決断が裏目にでる主人公。

ビリー・ドレイトン

デイヴィッドの息子。幼く父親の決断に従う。

オリー・ウィークス

スーパーマーケットの従業員。射撃の達人。デイヴィッドの意見に賛同する。

ノーマン

最初にスーパーのガレージで犠牲になった少年。

アマンダ・ダンフリ

何故か銃を持っていてデイヴィッドの決断に従う。

カーモディ

聖書おばさん。

あらすじ

虫型のエイリアンに襲撃された町の話。

いかに人の物事や未来に対する評価と決断が曖昧か、正しいかどうかは結果が決めます。
答えは常に霧(ミスト)の中に。

考察

ミスト、目の曇り

発電機を動かすために外へ出ようとしたノーマン君は怪物に食われて死んでしまうわけなんですが彼は質の悪いおじさんにそそのかされて、その勇敢さを示そうと行動しました。
その後でそのくそじじい共は「いやあ…あいつが行きたいっていうからさあ…」と責任をノーマン君に転嫁します。
この時デイヴィッドはその場にいてくそじじいとノーマン君を制止していました。
しかし失敗、ノーマン君の血しぶきを浴びたことでリーダーシップに覚醒。
俺が何とかしないと息子のビリーが死ぬと。そう感じたのでしょう。
リーダーシップを発揮して店内の人々を引っ張っていきます。

その後のデイヴィッドの行う決断と行動は結果を知らなければ正しい行動に見えます。

このスーパーマーケットでは結果を知らなければ明らかなにおかしな宗教叔母さん、カーモディもリーダーシップに覚醒します。
彼女はことが起きたときトイレに籠って神に祈りを捧げるだけで、誰とも関わろうとしません。
普段は友達は一人もいない人物です。
それでも極限状態の中、安心という人間の欠けてしまった心の歯車にがっちりとかみ合ってしまい、預言者となりスーパーマーケットの人々を扇動しました。

しかしいかれすぎていましたね。
度を超えた扇動により軍人を一人殺害、デイヴィッド一味の生贄(殺害)を試みるも結局は逆襲され殺されてしまいました。

デイヴィッドの制止を振り切って子供を探すためにこの女性(ウォーキングデッドのキャロル)はスーパーマーケットの外へ飛び出しました。
誰がどう見ても危険な行動です。

しかし結果この行動は成功し見たところ子供の命も救えたようです。

下半身だけになったこの勇敢な男性はデイヴィッドに賛同しスーパーマーケットの外にある駐車場へ向かいました。
しかしやっぱり無残な姿に。

カーモディのいかれ具合とデイヴィッドの頼りがいのあるリーダーシップ。
作品の結末までは誰もがスーパーマーケットのカーモディの信者たちがおかしくてデイヴィッドの仲間が正しいと思えてしまいます。
しかし結末は残酷なのでした。
カーモディのいかれた預言を信じてスーパーマーケットに残った信者たちは生き残り、そこを脱出して希望を求めたデイヴィッドの仲間たちはデイヴィッドの手による死を選んだのです。
デイヴィッドの行動は全て裏目にでていました。
スーパーマーケットの外へ薬を取りに行こうと仲間を扇動したデイヴィッド、しかし成果は上げられず仲間を失っただけでした。
あれだけ守りたかた息子も自らの手で殺めてしまいます。
結局デイヴィッドの行動は全て間違っていたのです。

しかし一人絶望し泣き叫ぶデイヴィッドを誰が責められるでしょうか。
全ての結果が逆になっていてもおかしくありません。
デイヴィッドは英雄に成ることもあったのです。

結果だけを見れば一目瞭然、デイヴィッドはバカです。
でも結末を見るまでは私達はデイヴィッドが正しいと感じていたのです。
つまり、ミストとは私達観客の目の曇りのことだったのです。
してやられました。なるほどとうなりたくなる啓蒙的な作品です。

もし明治維新が失敗していたら?
もし大日本帝国とドイツが戦争で勝っていたら?

ヒトラーの評価や天皇の価値、アメリカの歴史の評価は真逆だったでしょう。
私達の価値観、認識能力の曖昧さを問うているのかもしれません。

怪物

異世界からやって来た怪物。
地球の重力なんて屁の河童。
全体像がつかめないほどの巨大さです。

人間の身体に寄生し大量の卵を産み付けます。
体を突き破り外に飛び出てきた瞬間はぞっとしましたね

感想

あまり怪物やエイリアンは出てきませんが、人間ドラマや閉塞感と緊張感が引き起こすパニックは見ごたえありますね。
オチと種明かしの場面、デイヴィッドの決断からの戦車登場で一気に彼の価値が逆転します。急にデイヴィッドの行動が善から悪になってしまいます。
あの胸糞悪くなる感じはなかなか味わえません。
オチを知る前なら意外と楽しめると思います。

ところで広告用のポスターに最後の15分云々て書くのマジでやめろよ。あほかまじで。

Amazonプライムビデオで見られます。
月額500円で見放題です。

エンタメ 映画
スポンサーリンク
himazinをフォローする
私の頭の上の消しゴム

コメント