攻殻機動隊 S.A.C 2nd GIG 第24話 出島、空爆 NUCLEAR POWER 考察と感想

アニメ

出島、空爆 NUCLEAR POWER

キャラクター

ECM

敵を上回る出力の電波で通信を妨害する。

プロト

バイオロイドのプロトタイプ。
トグサは人間と勘違いしていた。

陸自のスペシャルチーム

バトーが恐れる陸自の特殊部隊。

あらすじ

軍、9課、クゼ、合田。
様々な思惑のもと出島へ集結。

ネタバレ

考察

事件概要

自衛軍と難民が戦闘を開始。
孤立した難民は混乱し無秩序化。

茅葺首相と9課の荒巻は国家反逆罪に問われる。
その隙に難民が核で自爆テロを行うブラフが流される。

非暴力によって独立を実現しようとしたクゼの計画は合田に阻止される。

合田の計画

タチコマは放射線除去のマイクロマシン、原子力潜水艦の接近の状況から核攻撃を予測。
合田は難民問題解決と軍事政権の樹立を同時に行うためプルトニウムをクゼに出島に持ち込ませ、難民と自衛軍の戦闘状態を演出しました。

感想

迫力のあるハラハラする出島での攻防でした。
いやあ面白い。少佐、バトー、荒巻とトグサが同時に賭けにでる。
荒巻の言うところのスタンドプレーによるチームワーク。

攻殻機動隊をもっと理解するために

攻殻機動隊で出てくる「MIME」や「ガイア理論」。
「人形遣い」や「スタンド・アロン・コンプレックス」、「個別の11人」。
下記の本を読めば攻殻機動隊の根底に流れる本質が理解できます。

攻殻機動隊の原点

攻殻機動隊の原点。
これを読まずして攻殻機動隊は語れない。

アニメ 攻殻機動隊
スポンサーリンク
himazinをフォローする
私の頭の上の消しゴム

コメント

タイトルとURLをコピーしました