攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 第18話 天使の詩 TRANS PARENT 考察と感想

アニメ
攻殻機動隊はAmazonでは見られません

デイリーモーションで検索するとありました。

天使の詩 TRANS PARENT

キャラクター

ベルリン

第三次大戦と第四次非核対戦の攻撃を受けた都市。
その度に復興し首都としての役割を果たしている。

アンジェリカ

全身義体のオランダ人。
史上最大の死傷者を出した単独のテロリスト。
「天使の羽」

天使の羽

一部の先進国が世界の主導権を握っていることを不服とし世界中でテロを起こしている。

あらすじ

バトーの回。少女の切ない物語。

ネタバレ

考察

事件概要

世界中で爆破テロを起こしている「天使の羽」。
単独犯としては最大の死傷者を出した事件の犯人の逮捕に少佐とバトーが派遣された。

日本の難民の自治区宣言

少佐とバトーがこの事件の解決に派遣されたのは上からの命令で彼らの留守を狙われました。
難民が押し込められている出島で自治区宣言を行ったとベルリンの新聞で報道されていました。

感想

目が見えないからこそ感じるものや見えるものってあるのかもしれないなあ。
逆に見えすぎる故にそれが制約となって見過ごしている。
力を制約する常識って怖い。

攻殻機動隊をもっと理解するために

攻殻機動隊で出てくる「MIME」や「ガイア理論」。
「人形遣い」や「スタンド・アロン・コンプレックス」、「個別の11人」。
下記の本を読めば攻殻機動隊の根底に流れる本質が理解できます。

攻殻機動隊の原点

攻殻機動隊の原点。
これを読まずして攻殻機動隊は語れない。

アニメ 攻殻機動隊
スポンサーリンク
himazinをフォローする
私の頭の上の消しゴム

コメント

タイトルとURLをコピーしました