攻殻機動隊 S.A.C 2nd GIG 第21話 敗走 EMBARRASSMENT 感想と考察

アニメ
攻殻機動隊はAmazonでは見られません

デイリーモーションで検索するとありました。

敗走 EMBARRASSMENT

キャラクター

クゼ

バトーより喧嘩が強い。

あらすじ

合田の目的が明らかになる。

ネタバレ

考察

事件概要

クゼがプルトニウムを船で択捉から持ち出したため9課が後を追う。

合田の目的

コイル・クラノフとアームスーツのパイロットは死体。
彼らは遠隔から操られていました。
加えてアームスーツは陸自に納品する前のもの。
クゼに纏わりつく合田の影があります。

この回で合田の目的が明らかになってきました。
それは軍事政権を樹立すること。
そのためにクゼに独立運動を行わせて自衛軍派兵の口実を作ろうとしていたのです。
自衛軍に兵器を納入していたサガワ電子の武器をクゼに流し大停電テロを起こしてクゼがプルトニウムを出島に持ち込むのを助けました。

合田は日本の復権のため世界での主導権を奪いたいと考えているのでしょう

感想

合田の作り出した「個別の11人」の理由が分かりました。
今のところ合田の予定通りに事が運んでいます。

どんなどんでん返しがあるのか。

攻殻機動隊をもっと理解するために

攻殻機動隊で出てくる「MIME」や「ガイア理論」。
「人形遣い」や「スタンド・アロン・コンプレックス」、「個別の11人」。
下記の本を読めば攻殻機動隊の根底に流れる本質が理解できます。

攻殻機動隊の原点

攻殻機動隊の原点。
これを読まずして攻殻機動隊は語れない。

アニメ 攻殻機動隊
スポンサーリンク
himazinをフォローする
私の頭の上の消しゴム

コメント

タイトルとURLをコピーしました