攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 第13話 顔 MAKE UP 考察と感想

アニメ

顔 MAKE UP

キャラクター

クゼ

突発性異変体。同一のウィルスに感染しても全く違う症状が現れる。
顔面にマイクロマシンを使っていないので表情を作ることができない。

パズ

今回の事件の映像に造顔作家殺しの犯人しとして映っていた。
二度同じ女とは寝ない。

あらすじ

前回の続き。クゼとあまり活躍しないパズの回。
至極個人的なパズの事件。

ネタバレ

考察

事件概要

クゼをプロファイリングし得られた手掛かりをもとにその足取りを追う。

パズになろうとする女

パズを装っていたのはパズと交際していた女でした。
パズと同じ顔を作ってパズになりきり彼女を振ったパズの気持ちを読み解こうとした。
サイコ女ですね。
「あなたのゴーストを手に入れたからあなたはいらない」
パズの身体を手に入れてパズに成りきることでパズのゴーストを手に入れた。
サイコ女の言うことは一味違っていてゾクゾクします。
気色悪い

その後喧嘩してもみ合っているうちにどっちが本物なのか分からないというありきたりな展開。

感想

ボーマは頭になにかぺたぺた張られて間抜けだな。
パズはモテるんだなあ。

「それにしてもそのパズ、本物なんでしょうね」

攻殻機動隊をもっと理解するために

攻殻機動隊で出てくる「MIME」や「ガイア理論」。
「人形遣い」や「スタンド・アロン・コンプレックス」、「個別の11人」。
下記の本を読めば攻殻機動隊の根底に流れる本質が理解できます。

攻殻機動隊の原点

攻殻機動隊の原点。
これを読まずして攻殻機動隊は語れない。

アニメ 攻殻機動隊
スポンサーリンク
himazinをフォローする
私の頭の上の消しゴム

コメント

タイトルとURLをコピーしました