攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 第06話 潜在熱源 EXCAVATION 考察と感想

アニメ

潜在熱源 EXCAVATION

キャラクター

コタンカンジ

トラックに轢かれて死んだ男。

東京

核攻撃で荒廃した旧首都。放射能で汚染されていたが日本の技術により放射能は除去された。

あらすじ

死亡したコタンの足取りを追う過程でエネルギー省の陰謀に遭遇する。

ネタバレ

考察

事件概要

エネルギー省脅迫の被疑者が逮捕寸前で事故死。加害者のトラックの運転手は居眠りで記憶がない。
司法解剖の結果事故に見せかけた他殺である可能性が浮上。

トグサが単独で事件を捜査することになる。

コタンの東京での行動

全身義体を求めたコタンは内環七というところへ向かう。
そこでは株式会社黒松電設が労働者を募集していた。

名目は戦争で埋まった施設を発掘するというもの。
労働者を募集していたが、その要件として98%の全身の義体化があった。

結局40人の労働者が集められ大深度地下へ向かった。
作業開始4日目、緊急事態の警報と一緒に地下にいた研究者たちが運びだされてきた。

同時に黒づくめの連中が入って来た。
逃げ遅れた人間は鉄の折に入れられていた。
コタンはそこで見たものを世間に広めるために行方を眩ませた。

話の内容をまとめると警報の原因は原子力事故、コタンはそれをネタにエネルギー省を脅し、殺害されました。

残った謎は黒松建設は何を掘り起こさせようとしていたのかということです。
大戦中の遺物とは何だったのか。

感想

個別の11人に関する内容ですね。
原子力を使っているので兵器なんだと思います。

放射能除去ってすごいですね。
マイクロマシンの技術でしょうか。
とすると攻殻機動隊の世界では原子力クリーンなエネルギーなのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました