攻殻機動隊 S.A.C 2nd GIG 第05話 動機ある者たち INDUCTANCE 感想と考察

アニメ

動機ある者たち INDUCTANCE

キャラクター

クゼ

弾丸を跳ね返し天井を突き破るほどの身体能力を持つ強化型の義体を持つ。
個別の11人として革命を試みる。

5.15事件

若い海軍士官の起こした決起行動。当時の犬養首相を暗殺し軍事政権の誕生を助けた。
実際の事件。
軍法会議にかけられた被告らの陳述が同情を呼び、その後彼らは英雄視されるようになった。

あらすじ

個別の11人の思想を展開する。

ネタバレ

考察

事件概要

首相暗殺を仄めかす脅迫状が少首相の受け取った花束に仕込まれていた。
その他に9件の同様の脅迫が行われており9課がその護衛にあたることになった。

個別の11人

9件の事件には同じロゴが使われていたがそれぞれの犯人は単独犯である確率が高い。
笑い男事件と同じような犯罪であると表現されています。

難民を開放しろという要求とそれに従わない場合は首相の命を奪うと宣告しており5.15事件を模倣している可能性がある。

感想

個別の11人とクゼの登場です。
今回はクゼは紹介されていません。

クゼが強化型の義体を持つ理由やその強力な義体で殺せたであろう首相をワザワザ見逃した理由は今後明らかになるでしょう。

攻殻機動隊をもっと理解するために

攻殻機動隊で出てくる「MIME」や「ガイア理論」。
「人形遣い」や「スタンド・アロン・コンプレックス」、「個別の11人」。
下記の本を読めば攻殻機動隊の根底に流れる本質が理解できます。

攻殻機動隊の原点

攻殻機動隊の原点。
これを読まずして攻殻機動隊は語れない。

アニメ 攻殻機動隊
スポンサーリンク
himazinをフォローする
私の頭の上の消しゴム

コメント

タイトルとURLをコピーしました