GODZILLA ゴジラ 感想と考察 KOTMの前に復習

映画

GODZILLA ゴジラ

キャラクター

ゴジラ

108メートル
9万トン
放射能を原動力として動く怪物。

ムートー

Massive Unidentified Terrestrial Organismの略称。
虫と哺乳類合わせたみたいな奇妙な姿。
ミレニアムのあいつに似ている。

あらすじ

フィリピン沖で発見されたムートーの目覚めにより、2億7千万年前に地球を支配していた超巨大生物達の頂点に君臨していたゴジラが目を覚ました。

ネタバレ

考察

2億7千万年まえの生態系

芹澤博士によるとゴジラのような超巨大生物の生態系が過去の地球に存在し、彼らは地上に溢れていた放射線を食うことができたようです。

体内に放射性物質取り込み核融合や核分裂などの核反応を引き起こして生じたエネルギーを利用する。

歩く原子炉ですね。
そしてその放射線に耐えうるDNAか切断された遺伝子を完璧に修復できる能力を持っていた。
シン・ゴジラでは元素変換する細胞によって放射線を無毒化していました。

9万トンに耐えうる骨格は何ですかね。
今の地球にいる生物なら動こうものなら体が引きちぎれる。そもそもゴジラの形を保っていられない。
高層ビルを軽々と破壊する硬度に加えてかなり柔軟に伸びたり縮んだりする表皮。
熱戦は10万度とか100万度とのことなので確実にタンパク質でできた体ではない。
現存する生物に似て非なる存在です。全く別の生命体。

やばい生物が地球上にいたもんです。
まあファンタジー映画に求める内容ではありませんが。

アトミックブレスの弱さ

2回だけ使用されます。大量のエネルギー消費するようで何発も打てないみたいですね。
でもです、その割に効果が薄すぎる。
2回目はムートーの体内に吐き出して焼き払いましたが、最初の一発はムートーの表皮に浴びせましたが効果が薄すぎる。
多分少しも効いていない…
KOTMではもっと打ち込んでほしい、できれば町に。その方が威力が分かりやすい。

あんまり怪獣出てこない…

こうゆうある意味ファンタジーを見にっくる層ってやっぱりヒューマンドラマとかどうでもよくて見たいのはファンタジーの世界だと思うんです。
ちょっと家族愛、主人公のお父さんや子供との関係性が蛇足。
それが見たいならゴジラなんか見ねえよ。

デカい怪獣が街を蹂躙する非日常の大迫力に期待しているんです。
KOTMはかなり怪獣が出てくるようなので期待ですね。

軍隊もっとちゃんと作れ

マシンガンでムートーに敵うわけないだろ逃げろ。
軍隊がただのバカなので無力感がない。絶望感がない。
こいつらバカじゃん。無駄死にじゃん。市民守る気あんのかよ。
ゴジラが熱戦で戦闘機を叩き落とすのがクールなのに正義に描きすぎて人間vsゴジラがない。
もっと純粋な怪獣でいいんだから。町を破壊しろ。軍隊の最新兵器と戦え。
人間の無力さを教えろ。

感想

もっとバカになって怪獣バトルを作ってくれ。
最新兵器と最先端のテクノロジーを粉砕して人間の無力さを教えてくれ。
人間のドラマなんか要らないんだから。
爆発とか熱戦を丁寧に描いてくれたらいいんだから。

なんだかんだ言ってハリウッドのCGで作るゴジラは迫力がありました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました