クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード 感想と考察 ストーリー?笑えればいいんだよ

アニメ

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード

キャラクター

トラックの男

ひろしに一目ぼれしたホモ。
見るからにホモな上にはぐれたひろしを探し続ける一途さを持つ。

ボス

(有)スウィートボーイズのボス。

催眠増幅装置

生物の外見をなんにでも変えられる最強の暗示をかけられる機械。

あらすじ

朝食の時間に事件に巻き込まれた野原家。
みさえがやりくりしてなんとか用意した高級肉の焼肉の為に夕飯までそれを解決してに家まで戻らなければならない。
荒唐無稽なストーリーが幕を開ける。

ネタバレ

考察

原点回帰

嵐を呼ぶジャングル、大人帝国の逆襲、戦国あっぱれ大合戦など名作を連発させしんちゃんの評価を確立していた時期の作品。
素晴らしい作品たちだがしんちゃんらしくないという声も一部熱狂的なファンから挙がっていた。

今作はそのお涙頂戴糞食らえのしんちゃん映画の風潮に一石投じる作品。
全くもって荒唐無稽なストーリー、そして笑いに特化し原点回帰を果たしました。

オカマ魔女との対決を全編通してやり抜いた傑作

私はオカマ魔女のジョマとマカオと野原家の決戦こそが笑いの瞬間最大風速だと思っていますが、このヤキニクロードは前編通して笑いに特化し勢いで押し切ります。
勢いだけで大人を笑わせられるなら子供達は大笑いです。

ヘンダーランド追いかけっこ
冒頭の朝食、ない方がましだろ

みさえが用意したあの料理たちは一体なんなのだ。料理ですらない、雑草とか埃にすら見えた。

くそ雑な変装


全国指名手配された野原家の雑な変装。かえって目立つだろ。

二足歩行するシロ。

ちなみにそれぞれの罪状。
ひろし
異臭物陳列罪

みさえ
年齢詐称罪

しんのすけ
幼児変態罪

ひまわり
結婚詐欺

シロ
集団暴走及び飲酒運転

ひまわりとシロに至っては本気の悪ふざけ。

みさえの「ぷぴー?」の破壊力

ヒッチハイクを敢行するみさえですが、常軌を逸したみさえのヒッチハイクに車の運転手は動揺し思い切り木に衝突、みさえのヒッチハイクは失敗しました。
みさえの放った一言
「ぷぴー?」
腹痛てえわ。

ホモ

今度はひろしのヒッチハイク。ホモが釣れる。

このホモは最後まで見失ったひろしを探し続けていました。
この場面を見た時、私は自分がどうして切ない気持ちになったのか分かりませんでした。

感想

笑いに全振りしたこの映画は頭空っぽにしてみることができます。
大人も子供も関係ありません。全編通して勢いだけで笑わせてくれます。
クレヨンしんちゃんはこれでいいんだよ、そう思わせてくれる傑作です。

他のクレヨンしんちゃん

コメント

タイトルとURLをコピーしました